100円が持つ可能性について考察

100円は大金か否か?

これに対する回答は人によって違ってくるだろう。

とはいえ、この記事を読んでくれている人のなかに、
「100円というお金を一度も所持したことがない」
という人はたぶんいないんじゃないだろうか。

だって、このブログを読めているということは、
日本語がわかって(現代日本人もしくは日本語教育を受けることが出来る環境で育って)、
しかもインターネットが出来る環境にあるっていうことだからね。

なの当記事を読んでいる誰もが手に入れたことがあるもの、
それが100円だと言い切らせていただこう。

つまりその気になれば、すぐ手に入るもので、
かんたんに手にすることが出来るものだ。

コンビニバイト時給の7分の1にも満たない額だから、
ほんの数分働けば手に入る金額、
身近な大人のお手伝いでもすれば、子どもでも手に入れることが出来る金額でもある。

そして現代日本には100円でかなり多様な商品が買える。
いわゆる100円ショップのラインナップの幅広さには脱帽せざるを得ない。

そう…たった100円で多様な可能性を買うことが出来るのだ。

まあこの記事はこれが言いたくて書いただけなんだがなw

でも実際、100円の可能性って結構すごくないか?
買い物に使うという可能性だけに絞っても、かなりの分岐点があるはずだ。
100円ショップの数ある商品のなかから、どれを選ぶか。
その商品を自分で使うか、誰かに渡すのか。
所持する人はどのように使用するのか。

たった100円なのに、すごい。
その可能性の一部を垣間見ることが出来るのが、下記のブログだ。
【100均グッズや格安商品を愛でるブログ】
https://100kin-otokukinnitu.com/

100円という金額のすごさについて痛感することが出来るはずだ。